念には念を、安全安心引越しのために

念には念を、安全安心引越しのために

引越し業者との契約前に、ちょっと注意してください!!
見積もりの段階で書類に捺印をしてはいけません。また、口頭でも不用意に「決めます!」と言うことはやめましょう。数社の見積もりやサービス内容を比較して、意思決定が済んだら結論を伝えましょう。
引越し予定日までの日数が迫ると誰でも焦るものです。しかし、そんな状況こそ冷静に。業者を定めていない見積もりの段階で「無料ですからとりあえずダンボールを置いていきます」と言われても必ず断りましょう。後々、金銭関係のトラブルになりかねません。
万が一、引越し業者とトラブルになったら、消費者センター・全国の裁判所・トラック協会・陸運支局などに相談しましょう。
また、さらに安心安全に引越しするために、引越し保険への加入も検討できます。引越し業者が、荷物搬送時の万が一の事故などに備えて、引越し保険に加入している場合もありますし、引越しをする側が実費で保険に加入する選択肢もあります。
この保険は、引越し業者のトラックが交通事故にあう、荷物が破損・紛失する、荷物の搬出・搬入作業で家などに傷がつくといったトラブルに備えて加入する賠償責任保険です。
見積り際に、こおの金額の中に保険料は含まれているのか、掛け金はいくらなのか、その保障内容も確認しておくと良いでしょう。通常、掛け金は数千円程度です。引越し保険については見積もり書にも明記されていることが多いですが、念のため説明をしてもらうのも良いでしょう。