修繕費を抑える

修繕費を抑える

賃貸の場合、旧居をいかにきれいにしておくかでその後支払わなければいけない修繕費が変わってきます。引越し前に行う旧居の掃除について、ポイントをまとめました。
畳は、掃除機をかけた後、固く絞った雑巾で拭きあげます。フローリング等の床は、掃除機がけの後に固く絞った雑巾で拭きあげ、仕上げに乾拭きをしましょう。ツヤ出し用洗剤を使用するのも良いでしょう。
カーペットは毛並みに逆らって掃除機をかけること。 髪の毛・埃を取るには、粘着ローラーを使用すると効果的です。住宅用洗剤で拭き、湯ぶきで洗剤をしっかりと拭きとります。
タバコのヤニで汚れた壁をきれいにするのは、非常に困難です。普段よりマメに掃除すしか方法がありません。
床・壁の傷は、市販の補修財で修繕します。
お風呂の掃除は、素材に適した洗剤で対応します。ホーロー・プラスチック・ステンレス材には、お風呂用中性洗剤。木は、クリームクレンザーでこすり洗い。タイルには、クリームクレンザーを使用、もしくは漂白剤も使用する。 大理石にはお風呂用中性洗剤を。クレンザー、塩素系漂白剤の使用は厳禁です。シャワーカーテンのカビは、金具を取り外し、塩素系漂白剤でつけ置きして落とします。
トイレは、トイレ用洗剤を使用し、ブラシで汚れを落とします。トイレ用漂白剤の使用も有効です。
窓まわりなど、ガラスの汚れは、ガラス用洗剤を使って拭き洗いすることで簡単に落とすことができます。網戸の汚れは、取り外して弱アルカリ性洗剤を作り、たわしでこすり洗いすれば良いでしょう。 取り外しが出来ない場合は、雑巾で両面から拭き洗いします。サッシのレール溝のごみ・埃は、掃除機で吸い上げ、残りを古い歯ブラシ等でこすり洗いします。